このメニューではクレジットカードの各種保険についてお届けしています。
クレジットカードには様々な保険がある

クレジットカードには様々な保険がある


クレジットカードには様々な保険がある
クレジットカードの審査に申し込みをしてもし落とされてしまっても、すぐに別のクレジットカードへの申し込みは避けましょう。
申し込みをしたという事実は残っていますので、より一層審査が厳しくなってしまうのです。 無料で申し込みをすることの出来たクレジットカードに海外旅行保険が付いているということに対して信じられないと考える人もいることでしょう。
クレジットカードを持っていない人はわざわざ海外旅行保険に加入をしなければいけませんが、クレジットカード一枚あれば保険金は一切必要無いのです。実際に海外に行く時、全く保険をかけない状態で出発する人はい少ないかと思います。
せっかく便利でお得な海外旅行保険が付帯されているのに、それに気が付いていない人も多いので事前に確認をしておくようにしましょう。クレジットカードに付帯されている保険はショッピング保険だけに限ったことではありません。
海外旅行保険も付帯されており、国内だけではなく海外でもクレジットカードの効力を発揮することが出来ます。




クレジットカードには様々な保険があるブログ:19/01/15

オハYo!!ヽ(*´Д`*)ノ 。o○(ネムィ(*σД-*)。o゚)

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

あたくしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友達がいますが…
あたくしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
昼間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な昼間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
体質や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

応援クリックしてね・・・プチ
クレジットカードには様々な保険がある

クレジットカードには様々な保険がある

★メニュー

在籍確認が審査をする時に必ず行う
クレジットカードヒストリーは大変重要
自動車を運転している人にお得なクレジットカード
お得なマイルやポイントが面白いほど貯まる
ファミリーマートで利用出来るお得なファミマTカード
プライオリティ・パスの会員が無料のクレジットカード
クレジットカードの魅力をまずは理解しておこう
お金の無い時に気軽にキャッシング
クレジットカードには様々な保険がある
最近では永久的にポイント不滅クレジットカードがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報♪最新クレジットカードガイダンス